リースとの比較

タオル劣化や途中解約の問題を解消したあなたに優しいサービス

当社のサービスとしては、タオルは、定数を以てお貸しし、誠実にクリーニングを行います。クリーニングの技術的なトラブルがあっても、当社が間に入り、誠意をもって解決します。

追加投入もお客様との相談の上行いますので、見えない部分が有りません。

つまり、追加投入、補修費用を省けるため当社にお支払いいただく費用を圧縮できます。

また、当社は全国に40社以上のクリーニング工場と提携しており、お客様が1社でクリーニング工場に依頼するよりも、スケールメリットを活かせます。当社はタオル販売で利益を得ているため、クリーニングに付いては薄利でお受けできます

当社は自社工場を持ちません。その訳は?

全国に50を超えるクリーニング工場と提携しています。

当社は自社工場を持たず、その代り全国に50を超えるクリーニング工場と提携しています。大きなクリーニング会社でも、全国に自社工場を持っている会社は僅かです。

それでも、全国津々浦々と言う訳にはいきません。当社が、工場を持ってしまうと提携先と競合する事に成ってしまいます。

だからこそ、代理店の立場を選びました。
工場にも、それぞれ得意不得意商品があります。それを見極め、ベストマッチングを提供するのが当社の役目です。

レンタルタオルクリーニング工場がお客様専用に、ご指定のタオルを用意した場合。

レンタルタオルは、クリーニング費用、初期商品投入費用、追加投入・補修費用、金利、紛失見込み費用と沢山の積み重ねで金額を弾いています。

レンタルタオルは劣化したタオルでも容易に交換できません。

お客様の見た、劣化と、レンタルタオル業者の見た劣化が不幸にも一致しないケースが多いからです。

劣化したから変えてほしい。1枚のタオルを商品として何回洗えるかという耐洗回数が交換に達していません。

このような事で、食い違いが生じるのです。この場合、そもそも商品の選び方に問題がある場合もあります。色落ちの激しい商品では、耐洗回数を賄えません。

レンタルタオルは中途解約はもちろん、契約期間満了時でも解約料が発生する事が有ります。レンタルタオル業者は、お客様の為にタオル等の資材を購入し、クリーニングをしています。

償却は、契約期間に応じて設定していますから、中途解約になると、残りの期間の償却ができません。

そこで、解約料をご請求するのが一般的です。

しかし、タオルは消耗品です。契約期間満了直前でも、タオルの投入をした場合、その部分の償却は出来ません。

したがって、これも契約満了時にお客様に請求する事になるのです。問題は、投入するところをお客様が見ていないと言う事です。

例えば、リネン業者が、100枚投入したのか200枚投入したのか。これは言葉を信じるしか無いわけです。
ここでトラブルの原因になります。

レンタルタオルクリーニング工場がお客様専用に、ご指定のタオルを用意した場合。

定番品は、最も使用される色、匁によって用意されています。もっと厚いタオルを使いたい。この色が使いたい等、お客様の要望に応えずらいのが定番品です。

ましてや、新しいお店で『使い古し』のタオルでは、お客様のお客様が興ざめです。

これが当社がご提供しているサービスとリースとの違いです。お客様が絶対にご満足を得られることがお分かりいただけたと思います。